リンク集

資料集的な意味のあるサイトを、内容別に「工芸産地の情報」「文化情報」「地域情報」の三つにまとめました。どうぞ、お役立てください。
また、日頃からお世話になっている関係先のサイトは「応援しています…関係先」に。ブログは、友人や関係者を「友人のブログ」、直接的な関係のないおすすめのブログは「気になるブログ」に、カテゴライズしました。

工芸産地の情報

紋工房 紋武

独自の発展を遂げた日本の家紋。あなたは、家紋についてどの程度ご存知ですか? 一般的な紋の格の話だけでなく、紋入れに使う道具や技法など専門的な情報も公開されています。家紋を使った壁紙の無料ダウンロードも。

浅草辻屋本店

おしゃれの行き着くところは和も洋も足もと。下駄、草履の疑問はこちらで解決。当社も店頭で扱っている履き物ですが、本来門外漢。このサイトで勉強させていただくことが多々あります。「和装人インタビュー」は、興味深い読み物になっています。

桐たんす 相徳

きものの保存に最適とされる桐タンス。でも、なぜかを知っている人は少ないもの。桐についての知識は、「桐の特長 桐の特性」から。桐や桐タンスへのさまざまな誤解を解くカギにもなります。

日本工芸会

文化財保護法の精神にのっとって開催されている公募展「日本伝統工芸展」。その主催者である財団法人日本工芸会のホームページ。過去の伝統工芸展の入選作品も掲載されている他、作家名から作品を検索し画像を見ることもできます。

日本の伝統的工芸品館

財団法人伝統的工芸品産業振興協会が公開する経済産業大臣指定伝統的工芸品のデータベース。伝統的工芸品の指定要件、歴史、現状などの情報の他に、職人さんへのインタビューや組合やその地方の観光地ホームページへのリンクもあり、充実した内容です。

文化遺産オンライン

文化庁が公開する日本の文化遺産のデータベース。国だけでなく地方指定の有形・無形の文化遺産についても情報が公開されています。時代・分野・作者まど、さまざまな条件で検索する機能を備え、まさに文化遺産のデジタル図鑑です。

安心きものパールトーン

きものの撥水防汚加工として一般的になっているパールトーン加工。誕生の歴史や加工済みの品物のお手入れ方法など、加工をお勧めしている私たちもこのサイトから情報を得ています。

国指定文化財等データベース

文化庁が公開する国指定のさまざまな文化財のデータベース。工芸技術は、「重要無形文化財」からリストを見ることができます。どのような要件を満たして文化財に指定されているのかなど、専門的な知識を得ることができます。

加賀染振興協会

染織産地随一のブランドイメージの高さを誇る「加賀友禅」。それは、加賀染振興協会とそこに参加する作家たちの努力に支えられています。「加賀友禅作家」と呼ばれるのには、必要な用件があることをご存知でしょうか。作品の落款から作家名を調べることもできます。

丹後織物工業組合

ちりめんの種類や製造工程など専門的な情報が公開されています。さまざまな種類のちりめんがあることや美しいシボが生まれるわけを知りたくありませんか?

シルクワールド

全農が公開する絹の生みの親、蚕(かいこ)に関する情報サイトです。Q&A形式で楽しく学べる基礎知識から写真や図解を交えた専門的な知識まで、幅広い蚕についての情報を得ることができます。「かいこのひみつ」のQ&Aに挑戦してみましょう。

西陣織工業組合

トレーサビリティ(流通履歴)が今ほど問われていなかった時から、西陣織工業組合では「証紙番号」で機屋を特定するすることができました。組合のホームページでは、「証紙番号」で機屋名を検索することができます。お手持ちの帯の機屋さんを調べてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る

文化情報

歌舞伎美人(かぶきびと)

歌舞伎公式ウェブサイト。公演情報はもちろんのこと、人気役者さんのインタビューから食やきものの話題まで楽しい読み物満載です。松竹ならではの美しい舞台写真も楽しみのひとつ。

歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇

現在現役で活躍中の歌舞伎役者さんの経歴や家系図などを調べられる日本俳優協会の情報サイト。役者さんのオフィシャルサイトへのリンクも充実しています。顔写真は新しくないので注意が必要。

歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇

昭和20年(1945)から、亡くなられたか引退・廃業した主な歌舞伎俳優のプロフィールが紹介されています。常に更新はされていませんので最近お亡くなりになった役者さんの場合は「現在の俳優篇」をご覧ください。

東京国立近代美術館

工芸館も備え、近代から現代までの人間国宝作家のコレクションでも知られる東京国立近代美術館。美術品鑑賞の後は、皇居東御苑での散策も魅力。

東京国立博物館

独立行政法人化され、興味深い特別展が続く東博こと、東京国立博物館。展示品だけでなく、展示会そのものの切り口からも学ぶことが多いのです。

こよみのページ

暦にまつわる話題、情報満載のサイト。海上保安本部観測所専門官という立場の科学的な目線で語る伝統的な暦の四方山話。伝統賛美だけでない科学者目線がこのサイトの魅力です。

The Moon Age Calendar

月にまつわる話題、情報満載のサイト。天文学的な側面から伝統的な風習ま情報は多岐にわたっています。万年カレンダーや月齢占いなど、楽しいコンテンツも見逃せません。

ページの先頭へ戻る

応援してます…関係先

M.S.MUSIC

佐倉市、八千代市地域のちょっとユニークな音楽教室。講師の鈴木光さんは、幅広い年代の方に愛される存在。勝田台店のイベントにも協力してくださっています。

瀑布山常保寺

臨済宗建長寺派の古刹、「瀑布山常保寺」。武蔵屋歴代当主の菩提寺です。お若いご住職をお迎えし、ホームページもできました。落ち着いた古刹の趣に、新しい活力が加わりました。JR青梅駅徒歩5分。青梅市立美術館前。

満天楽+宴 ON LINE

武蔵屋勝田台店でのライブイベントやキャンドルナイトイベントを紹介するサイト。開かれた店を目指している店のコンセプトに賛同してくださるお客様のご子息が自主的にイベントを運営してくださっています。心温まるイベントの様子をご覧ください。

染の里 二葉苑

東京の伝統工芸産地、新宿区落合で今も江戸更紗の伝統を守る工房、二葉苑。旅行代理店勤務経験ありという異色の社長さんが挑む伝統産業の近代経営。その苦悩もくみ取ることができるブログも読み応えありのコンテンツです。

京都むらさきの

当社も参加するオリジナル振袖の共同製作グループのホームページ。過去から現在まで発表してきた振袖や加盟店リストなどを公開。あなたのお気に入りはありますか?

オーラソーマスクール カラースピークス

オーラソーマのカラープラクティショナー、窪木みゆさんのサイト。千葉県印西市のご自宅でコンサルテーションや講習会を開かれています。店舗の移転に際し、勝田台店店長も体験し感銘を受けました。そのリーディング結果もサイトで紹介されています。

アウラ オフィシャル・サイト

クラシック・ア・カペラ5声のグループ、アウラ[Aura]のコンサートや新譜情報。メンバーの一人、佐藤悦子さんは勝田台店のお得意さまのお嬢さま。地元少年少女合唱団から大学声楽科を経てメジャーデビュー。私たちにとっても楽しみな存在です。

いまっぺーじ

きものエッセイスト、きくちいまさんのサイト。サイトや著書でも当社をご紹介くださっています。365日きもので過ごす、いまさんはきものファンのカリスマ的存在。掲示板には、そんなきもの好きさんが多くの書き込みを残しています。あたたもいかがですか。

ページの先頭へ戻る

地域情報

ハートビートなかの

中野区の商店街連合会が主催する、個人店紹介ホームページ中野区内の商店街連合会に加盟している3300店のお店が掲載されています。今日のお買い物は是非、中野区の商店街でどうぞ。八百屋さんから、薬屋さん、豆腐やさん・・・何でも有りのお役立ちページです。

ページの先頭へ戻る

友人のブログ

独り合点

広告会社、ファーストブランチ社の社長さんのブログ。幅広い視野と独自の視点で切り取たれた記事は、読み応え満点。話題を広げる意味で情報源のひとつに。

信州・戸隠山からのお知らせ&日記

長野県・戸隠中社の門前で宿坊とお蕎麦屋さんをしている業界でも注目のお店のブログ。宿泊可能の宿坊はおよそ築200年の国の有形文化財です。

今日の私、最近の私

千葉県銚子市の同業者、いしげ呉服店の社長さんのブログ。太平洋を見て育った人は、感性も行動も自由闊達。学ばせていただくことの多い先輩のひとりです。

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンド

勝田台店のイベントには欠かせない存在。グループのメンバーは、当店のお得意さまのご子息。大手通信会社サラリーマンのかたわら、音楽活動を続けています。

メイメイマンの「め~!」な話

東京都大田区の同業者、ひつじやさんの辛口社長さんのブログ。問屋さんをそのひとにらみで震え上がらせる異色の存在です。ブログは、意外な面も垣間見られる楽しい読み物です。

ページの先頭へ戻る

気になるブログ

正直爺さん

菓子の名店、銀座あけぼのの前社長、植草三樹男氏のブログ。信仰に支えられた経営哲学に学ぶところ多々あり。社員や家族に対する愛情と利益への厳しさを兼ね備えた経営者。

フクヘン。

雑誌「ブルータス」副編集長、鈴木芳雄氏のブログ。勝田台店店長は、美術館、博物館の特別展情報をここから得ています。マスコミ向けの公開日に撮影されたれた館内写真など他では絶対に得られない情報多数。ホントにおすすめなのか、リップサービスかは読めばわかります。

ページの先頭へ戻る